最低賃金が最大33円引き上げへ

令和4年度の地域別最低賃金額が全国で10月から発効となります。

急激に進む物価高を背景に、引き上げ幅は28円だった昨年度を上回り、過去最高額を更新。
全国平均で引き上げ額は31円となり、東京都、神奈川県に次いで、
大阪府で初めて1,000円台に到達することとなりました。

政府は最低賃金について、
「出来る限り早期に全国加重平均1,000円以上を目指す」方針としているため、
今後も積極的な最低賃金の引き上げが予想されます。

首都圏+大阪府の改定額及び引き上げ額については次の通りです。

厚生労働省では、最低賃金に関する特設サイトを設置しています。
その他、助成金に関する情報等も掲載されておりますので、この機会にご確認ください。

関連記事

  1. 社会保険加入事業所が拡大されます
  2. 令和4年10月1日施行、育児・介護休業法について
  3. トラック運送業人事労務担当者が把握すべき法令とは
  4. 令和5年1月から協会けんぽの各種申請書が新様式になります
  5. 日給制と月給制のどちらがよいか
  6. 令和4年10月から育児休業等期間中における社会保険料の免除要件が…
  7. 育児休業取得状況の公表義務化
PAGE TOP