令和5年1月から協会けんぽの各種申請書が新様式になります

私傷病により会社を休み、賃金を受けられない場合に給付される傷病手当金や、
出産のため会社を休み、賃金を受けられない場合に給付される出産手当金等、
協会けんぽへの各種給付申請は、申請書を用いて行います。

今回、これらの申請書が令和5年1月より新様式へ変更となります。

変更となる申請書は以下の通りです。

「様式変更に関するリーフレット」(全国健康保険協会)(kyoukaikenpo.or.jp)より引用

協会けんぽでは、
「より分かりやすくすること、より記入しやすくすること、より迅速に給付金の支払いをすること等」
を目的として、今回の様式変更に至りました。

主な変更ポイントは、

  1. より迅速に事務処理を行うため、「マス目化した記入欄の増加」
  2. わかりやすい記入方法とするため、「記述式から選択式へ変更」

なお令和5年1月以降、旧様式を使用することもできますが、
旧様式で申請した場合、事務処理等に時間を要し給付に遅れが生じる恐れがあります。
1月以降は新様式を使用するようご注意ください。

新様式は、協会けんぽのホームページよりダウンロードすることができます。
※12/26時点で、入力用は公開されていません。
また、協会けんぽ都道府県支部へ郵送依頼することでも入手することができます。

関連記事

  1. 最低賃金が最大33円引き上げへ
  2. トラック運送業人事労務担当者が把握すべき法令とは
  3. 日給制と月給制のどちらがよいか
  4. 育児休業取得状況の公表義務化
  5. 令和4年10月から育児休業等期間中における社会保険料の免除要件が…
  6. 令和4年10月1日施行、育児・介護休業法について
  7. 社会保険加入事業所が拡大されます
PAGE TOP